保険証券診断士とは

保険証券診断士とは

お客様の保険を中立的な立場で診断をするスペシャリスト

「保険証券診断士」は保険販売を第一の目的とはせず、現在加入の生命保険にお客様の要望がきちんと反映されているかを中立的な立場で保険診断をするのことのできる実力を日本LCQS協会から認定された資格者のことです。
保険証券診断士カード

保険診断の必要性について

お客様の中には複雑な保険の内容を正確に理解している人は少なく、実は自分が思っていた保険とは違っていたということが多くあります。

数多くの保険種類を全て理解することは難しく、専門用語が多くて分からないこともあります。
また お客様の中には、知り合いの保険販売員に勧められるまま入ったとか、大手の保険会社だからきっと大丈夫だろう、などの曖昧な解釈な方もいらっしゃるかもしれません。

実際のところ、保険の販売員の中には、自分に都合の良い情報しかお客様に伝えていない者も多くいるのが現状です。

今まで日本LCQS協会の「保険証券診断士」は数多くのお客様に保険証券診断をしてきました。そしてお客様の多くが「今の保険は自分に合っているのか?」、「もっと保険料を安くできないのか?」、「いつまでお金を払って、保障はいつまで続くのか?」、「保険を見直したいけどどうすればいいの?」等の疑問を持っておりました。

そこで現在ご加入の保険をご説明することで、内容を把握し、お客様のご要望通りの設計となっているかどうかをお客様ご自身に確認して頂きます。

保険の内容を把握することで、お客様は「もっと入院日額を増やしたい!」、「この特約はいらないから取りたい!」等のいろいろな要望が出てくるのです。

保険診断のその後について

現在の保険がご要望通りでなければ、お客様のご要望に合った保険設計の提案を致します。

そのためには「何のために保険に加入したいのか?」「万が一の時、誰にいくら保障を残す必要があるのか?」「定年後の保障はいくら必要か?」「老後資金はいくら必要か? 」「介護の事、入院やガンの備えはいくら必要か?」等のヒアリングに時間をかけて、お客様のご要望通りの保険設計をするように心がけております。更にお客様の今後の環境の変化等を考えて未来に役立つ適切なアドバイスをお伝えします。

しかし現在の保険がお客様のご要望通りであればそのまま続けることをお勧め致します。

保険証券診断士に現在加入している保険について無料で診断してもらいたい方や、保険の販売員の方で保険証券診断士の取得を希望される方はお気軽にご連絡ください。

 

TOPに戻る