日本LCQS協会会員メルマガ(2014年5月9日)

こんにちは、日本LCQS協会本部事務局です。

 

このメールは日本LCQS協会に会員登録された方にお届けしております。

 

以前、保険毎日新聞から取材が来たことをメールいたしましたが、2014年5月8日の

保険毎日新聞に日本LCQS協会の記事が掲載されました。

日本LCQS協会のホームページに詳しく掲載されておりますので、是非ご覧ください。

http://www.lcqs.org/press_release/

 

以下が記事の内容です。

全国に日本LCQS証券診断士が増えて、お客様が安心して生命保険に加入できるように、

今回の新聞掲載を周りの保険販売員の方に是非お伝えて頂きたいと思います。

 

 

 

「日本LCQS生命保険証券診断士協会 証券診断の専門資格認定」

 

~顧客志向の販売員育成目指す   販売スキル向上、生保提案機会拡大へ~

 

 

 一般社団法人日本LCQS生命保険証券診断士協会(東京都足立区、竹内康雄代表理事)が認定する「LCQS生命保険証券診断士」の取得希望者が増加している。

同資格は、保険販売側の論理を先行することなく、顧客側の利益を優先するために証券診断を行う販売員の育成を目的としている。顧客の既契約内容を詳しく説明して顧客ニーズが満たされているかを確認し、必要に応じて専門的な立場からアドバイスを行う。

取得することで顧客満足度や生保販売スキルが向上しており、業績拡大につながっている。

 

【ニーズ反映した保険設計が必要】

 同協会は2012年12月に設立。LCQSとは、「LIFE Consulting Qualified Specialist」の略称で、生命保険コンサルティングのスペシャリスト資格を有する集団を意味する。

 竹内代表理事は、1988年から保険業界に従事。保険代理店スリーエーライフジャパンの社長を努める中で、成績重視の保険販売を目の当たりにし、顧客志向の保険設計の必要性を実感した。

その実現が保険業界全体の活性化につながると考え、独自の証券診断を取り入れて保険提案を行ってきた。
一方、保険会社からの依頼をきっかけに、97年から保険会社の社員や損保代理店向けに生保販売スキル向上セミナーを実施。

顧客志向の保険設計の必要性を訴える中で、証券診断に共感する声が多数あったことから、証券診断の専門資格「LCQS生命保険証券診断士」を創設するために同協会を発足し、普及に向けた取り組みを開始した。

 竹内代表理事は「顧客に既契約の具体的な内容を伝えると、顧客ニーズが反映されていないケースが多く、契約内容を十分に理解していないことが判明した。

そのため、保険を販売するよりもまずは既契約の内容を知ってもらうことが必要だと考えた。協会を立ち上げることで、こうした顧客を救いたいと思った」と同協会設立への思いを語る。

 

【3回の講習で取得可能】

 同資格は、生命保険の販売を第一の目的としていない。

同協会では経営理念に、
①お客さまの側に立つ
②お客さまの利益を最優先にする
③お客さまが100%満足する設計をする―
を掲げており、こうした思いを持った証券診断のできる販売員を育成している。同資格の取得希望者には、まず顧客の既契約内容を詳しく説明して顧客ニーズが満たされているかどうかを確認し、顧客ニーズが満たされている場合は既契約の継続を勧めるよう指導している。

顧客ニーズが反映されておらず見直しが求められる場合には、専門的な立場からアドバイスし、必要に応じて保険案内を行う。同資格を取得するためには3回の講習(全15時間)を受ける必要がある。

1回目は損保顧客への更改時や新規顧客への生保アプローチ方法(3時間)を講習。2回目はアプローチ改善話法や証券診断のポイント・実践(6時間)、3回目は設計書作成のポイントやクロージング話法(6時間)について解説する。
講習費は3万円で、再受講の場合は半額となる。講習受講後、入会金・年会費を支払い、同協会の会員になることで資格が付与される。

 取得すると会員カードが発行されるほか、名刺やチラシにも有資格者であることを明示できるため、顧客の満足度・信頼度向上につながる。

また、同協会のホームページへの会員情報の掲載(有料)や、会員限定の情報交換の場への参加などができ、同業他社とのつながりや情報共有が可能になる。

竹内代表理事は「販売員が証券診断ノウハウを身に付けると、既契約内容が要望どおりであるかを顧客自身に判断してもらうことができる。特に生保販売に対する悩みや難しさを感じている販売員に取得してもらいたい」と話す。

また、「保険業法改正により、意向把握義務が課せられることになるが、証券診断は顧客ニーズを把握する方法の一つにもなり得ると考えている」と言う。

 

【生保実績が大幅に伸長】

 損保代理店は顧客に生保提案をする際、“生保は別の代理店にお世話になっている”と断られるケースがある。
そういった場合に証券診断を行うことで、証券内容が確認でき、生保をアドバイスする機会が増える。同資格を取得したある損保代理店では、損保実績が順調に伸びる一方、生保は販売実績がなかったことから資格取得を決断。
新規顧客だけでなく既存の損保顧客にも生保を提案する機会が増え、販売実績が約
10倍に拡大したという。

 竹内代表理事は「損保代理店は既存顧客への生保提案が課題となっている。こうした課題解決の手段としても有用だ」と強調する。

 同協会では現在、同資格の認知度向上を図るため、保険会社などと協力しながら普及に努めており、資格取得者1万人の早期達成を目標に取り組みを展開している。また、講習会場に足を運ぶことが難しい販売員のため、DVDによる受講体制の構築を進めている。

 竹内代表理事は「現在、資格認定者は約300人で、口コミで徐々に広がりつつある。今後も積極的にPRしていきたい」と話している。

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは日本LCQS協会会員の方のみに送信させていただいております。

今後この情報配信が不要な場合は、件名に「配信停止希望」とご記入いただき、

このままご返信ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

*******************

日本LCQS協会本部事務局

120-0012

東京都足立区青井3-5-26-714

TEL03-5888-7633 FAX03-5888-7634

URLhttp://www.lcqs.org/

*******************

LCQS認定講師

 

竹内 康雄 講師

日本LCQS生命保険証券診断士協会 代表理事

(株)スリーエーライフジャパン 代表取締役

一人ひとりの目的にあった保険をプランニングすることをモットーとし、証券診断士協会を設立後、全国で「証券診断士取得講習会」を実施。
2014年3月現在、会員数約300名に及ぶ。証券診断士の会員になった方から会員証と名刺の活用で、アプローチが大変楽になり、契約に結び付くと好評を博している。
セミナーの対象は、生保代理店・損保代理店・生損保社員にも及ぶ。受講者間では、「セミナー参加費が100倍以上になる」「年収が倍になった」と喜ばれている。
メットライフではドル商品の販売話法に定評があり、多くの代理店の方より感謝の声を頂いている。

【過去のセミナー(抜粋)】
・ハーモニー春日部(埼玉県) 知って得する生活講座「超低金利時代の資産活用」
・関東首都圏のほか、北海道、岩手、宮城、福島、新潟、長野、石川、富山、静岡、愛知、岐阜、大阪、京都、滋賀、和歌山、奈良、兵庫、岡山、広島、山口、愛媛、高知、香川、福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄など多数の地域に在住の一般家庭を数件まとめての開催(計約1500回開催)
・生損保各保険会社の代理店の講習
(計約1600回開催/内メットライフ約500回開催)
・セミナー受講生でSランク以上へランクアップした代理店は30店を超える。

【メットライフ実績】
・1997年7月登録
MVP大会12回 ワールドワイド3回入賞
・2001年より14年連続Sランク
・Eクラブ会員 優良代理店資格

 

林 隆幸 講師

林隆幸-001

日本LCQS生命保険証券診断士協会 認定講師

アイドマコンサルタント(株) 代表取締役

【略歴】
国内金融機関、来店型ショップにてトップクラスの実績を残し、ファイナンシャルプランナーとして独立。
現在までに2000件以上のライフプランニングに携わる。法人、個人を問わず、お客様にニーズに寄り添ったコンサルティングが好評である。
また、セミナー講師として東海地区を中心に定例講演を行う。
(「ママのための知って得するお金の話」セミナー、「争族にならないためのお金の話」セミナーなど、2015年度のセミナー回数24回、参加者総勢300人超)
お客様と本音で語り合うことがモットー。
マネードクターとして、お客様と一緒に最適なライフプランを作ることを一番大切にしている。

【保有資格】
剣道参段
AFP(日本FP協会認定)ファイナンシャルプランナー
日本LCQS協会生命保険証券診断士協会 認定講師
住宅ローンアドバイザー・相続診断士
チーム★ライフプラン研究会 認定講師

 

池谷 和則 講師

018f125412fb933e1e0d87c4e8034c51d0762733f0-002

日本LCQS生命保険証券診断士協会 認定講師

(有)ビッグアイ 専務

平成13年4月
大学卒業後、東京海上火災(当時名称)に研修生として入社。

平成14年4月
1年で切り上げ卒業し、父親の経営する自動車保険中心の保険代理店に入社。
親子二代、損保・生保取り扱いの代理店として活動。

平成26年3月
損保マーケットへの生保販売が一巡し、売り上げに伸び悩んでいた頃、所属保険会社で開催された証券診断士取得講習へ参加。今まで自分が行ってきた生保販売手法が大きく間違っていたことに、ショックを受ける。
今までの販売手法を全て捨て、講習で習得した「お客様が喜ぶ、お客様のための証券診断」「お客様が100%満足する設計・提案」を実践し始め、生保の売り上げが急増する。
協会の活動に惹かれ、静岡支部長に。

平成27年8月
協会が新たに開講した「講師養成セミナー」に一期生として参加。

平成28年2月
「講師養成セミナー」を第1号卒業。講師認定を受ける。
保険代理店として活動しながら、協会認定講師としても全国で活動中。

 

 

 

 

日本LCQS協会会員メルマガ(2014年4月17日)

こんにちは、日本LCQS協会本部事務局です。

 

このメールは日本LCQS協会に会員登録された方にお届けしております。

 

 

3月末に報道関係者に日本LCQS協会の設立と保険証券診断士の内容のプレスリリースを送りました。

プレスリリースとは、お金をかけて宣伝する広告とは違い、宣伝したい内容を報道関係者にFAXや郵送で送り、記者の目に止まれば取材依頼が来ます。

 

そのプレスリリースを読んで、「保険毎日新聞」から新聞に掲載したいと連絡を頂き、取材をして頂きました。

第1回プレスリリースは以下からダウンロードしてください。

http://www.lcqs.org/wp-content/uploads/2014/04/0cfff06f7ef801d46dfe8368104b1622.pdf

 

 

保険毎日新聞から以下の取材を受けました。

 

①    日本LCQS協会の概要(事業内容や沿革など)。

② 資格設立の背景、目的について。

③ 概要や特徴、取得のメリット、講習会日程や費用などについて。

④ 現在の申込者数や認定数の状況。

⑤ 資格の普及に向けて取り組んでいること。

⑥ 今後の機能拡充や計画など。

 

約1時間に渡って取材を受け、まだいつの新聞に掲載かは分かりませんが、第1回のプレスリリースで取材を受け、新聞掲載をされるということは稀です。

 

掲載された新聞はホームページにもアップしますので、まだ日本LCQS協会の存在を知らず、保険契約に悩みを感じている方に、是非伝えて頂ければと思います。

 

 

次回のプレスリリースでは、保険証券診断士の更に詳しい内容、全国でのセミナー展開等について報道関係者に送る予定です。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは日本LCQS協会会員の方のみに送信させていただいております。

今後この情報配信が不要な場合は、件名に「配信停止希望」とご記入いただき、

このままご返信ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

*******************

日本LCQS協会本部事務局

〒120-0012

東京都足立区青井3-5-26-714

TEL:03-5888-7633 FAX:03-5888-7634

URL:http://www.lcqs.org/

*******************

日本LCQS協会会員メルマガ(2014年3月26日)

こんにちは、日本LCQS協会本部事務局です。

 

このメールは日本LCQS協会に会員登録された方にお届けしております。

 

 

現在、全国各地で「日本LCQS協会認定証券診断士・資格取得講習会」が開催されています。

 

平成26年1月17日、名古屋駅前ウインクあいちの大会議室で第17回ファブリカセミナーにおいて日本LCQS協会の代表理事の竹内 康雄と、同協会認定講師の林 隆幸、両名が講演を行いました。

ファブリカという会社は、板金・塗装・車検・レンタカー等の事業を行っており、損害保険・生命保険の代理店業は行っておりません。ですが、ファブリカと提携している損保代理店は1500店を超え、その提携代理店にサービスの一環として3ヶ月に一度、セミナーを開催しているのです。

そのセミナーに今回、日本LCQS協会の講師2人が招かれ、講習会を開催しました。

 

今までのファブリカセミナーは損害保険関係のものが多かったため、なかなか会場をいっぱいにするまでには至りませんでしたが、今回の初・生命保険関係の講習とのことで、案内を出してから3日後には100名の定員が満員になるという、人気ぶりでした。

 

当日の午前中までキャンセル待ちで出席したいという方からの電話が20名以上もあるほどでした。

そして当日、竹内代表理事・林講師の講習が3時間半に渡って行われ、まず林講師が損保代理店が顧客に対して生命保険を販売するに当たって、一番悩みである「アプローチ話法」について講演しました。

出席者の方は証券診断士の資格と名刺を使ったとき、いかに効果があるかということを強く感じてくれたようです。

次に代表理事の竹内が「今が一番生命保険を販売しやすい時期である」の講演と、「アプローチにおけるやってはいけない話法」の講演、続いて「証券診断のポイント」と「設計書を作成する上でのポイント」を約2時間にわたり講演し、大好評でありました。

 

講演終了後、証券診断士の資格を1日も早く取りたいという方々の応募があり、2月からの証券診断士・取得セミナーには25名以上の参加、3月の取得セミナーも多くの方が参加されました。

 

この講習会に参加し、LCQS協会の会員となった方々が、名刺を使ったアプローチをして、契約に繋がっているという成功例が多くあがっております。

LCQS協会の名刺を使ってアプローチをされた方の成功事例を掲載します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

本日やっと名刺が完成しました。スタートダッシュで出遅れましたが。

名刺作成会社の担当の方に早速アプローチ、証券用意してもらうことを約束。

 

続いてその足で自動車保険の満期を迎える法人の担当者に名刺を渡し

アプローチすると「いいね」と言われ、証券を用意してもらうことを約束!

 

楽に生保の話ができますね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2ヶ月ほど前、生命保険契約をいただいていたお客様が病気でお亡くなりになりました。

 死亡保険金支払の手続きを娘さんと進めていく中で、LCQS協会の名刺をお見せして、裏面の内容をご説明したところ、このような機会だから一度証券を見ていただきたいとの話になりました。

 証券を出していただいたところ、住友生命のライブワンで月払17,000円。

 証券診断をして、一昨日6本のご契約(終身*2、終身医療*2、収入保障、介護)で月払54,000円となりました。

お亡くなりになったご契約者とその奥様は随分前からのお客様でしたが、娘さん夫婦は保険金支払いの事務手続きの際、初めてお会いしました。

しかし、名刺のお陰で非常にスムーズに証券を出していただき、契約まで進むことができたと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

歯医者さんでの治療中の話です。

「何の仕事をしているの?」 と聞かれ、証券診断士です。と答えると

「なに?それ??」

ほとんどの方が、自分の入っている保険の内容がわからないと、おっしゃる方が多いので、私は、現在加入されている内容を一緒に確認するお手伝いをしています。

という話をし、治療が終わって、名刺を出し、裏面の読み終えると、

「知り合いから入ったから、どういうのかよく分からないから、私のも見てちょうだい」と、すぐに証券を出してもらいました。

会社で加入している保険、個人の保険とすべて診断することができました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このようにLCQS協会の名刺でアプローチをして、契約に繋がっている事例が多く報告されています。

是非、アプローチにご活用ください!

 

取得講習会は2回目でも参加希望の方がいらっしゃいましたら半額の1万5千円で参加できます。

1度参加しただけでは証券診断の技術を掴みきれないという方は参加を募集しております。

 

講習会の日程については、事務局までお問い合わせください。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは日本LCQS協会会員の方のみに送信させていただいております。

今後この情報配信が不要な場合は、件名に「配信停止希望」とご記入いただき、

このままご返信ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

*******************

日本LCQS協会本部事務局

〒120-0012

東京都足立区青井3-5-26-714

TEL:03-5888-7633 FAX:03-5888-7634

URL:http://www.lcqs.org/

*******************

 

 

 

日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習のご案内(名古屋)3月開催

日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習のご案内

証券診断士とは

 私たちは、生命保険の販売を第一の目的としておりません。

お客様に現在ご加入中の保険の内容を詳しく説明し、お客様のご要望を充たしているのであれば契約の継続をお勧め致します。

保険証券診断士とは、お客様のご要望を伺い、ご加入中の生命保険がご要望通りになっているかを的確に診断士、お客様の将来に役立つ適切なアドバイスができる『一般社団法人 日本LCQS協会』が資格認定する生命保険全般を専門としたスペシャリスト集団です。

開催日程 講習内容

日程

講習内容

3月 6日(木)

  午後2時~午後5時

『今が一番、生保を販売しやすい時』『損保顧客への更改時の生保アプローチ』

3月17日(月)

午前10時~午後5時

『アプローチ改善話法』『証券診断のポイント、実践』

3月28日(金)

午前10時~午後5時

『設計書作成時のポイント』『クロージング話法』

 

開催場所 】   株式会社アイ.エム.ワイ   5階 第2会議室

住所: 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵3-7-14

TEL: 052-930-3922

 

講習費 】   30,000円 (定員:30名 集まり次第終了致します。)

講習費は当日、集金させて頂きます。ただし、途中退欠席など返金は致しません。

再受講を希望される方は 15,000円

 

講師 】  竹内 康雄    ㈱スリーエーライフジャパン 代表取締役   

日本LCQS協会  会長  

日本LCQS協会  協賛

持ち物 】   筆記用具 電卓 名刺

連絡先 】   日本LCQS協会 岐阜支部  副会長  加藤 智章

岐阜県多治見市笠原町2087-6 (有限会社 永大)

TEL:0572-45-0123  携帯:090‐3307‐7923

e-mail:eidai@poppy.ocn.ne.jp

は必須入力です。

会社名
お名前
申し込みセミナー
メールアドレス
電話番号 - -

日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習のご案内(名古屋)2月開催

日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習のご案内

証券診断士とは

 私たちは、生命保険の販売を第一の目的としておりません。

お客様に現在ご加入中の保険の内容を詳しく説明し、お客様のご要望を充たしているのであれば契約の継続をお勧め致します。

保険証券診断士とは、お客様のご要望を伺い、ご加入中の生命保険がご要望通りになっているかを的確に診断士、お客様の将来に役立つ適切なアドバイスができる『一般社団法人 日本LCQS協会』が資格認定する生命保険全般を専門としたスペシャリスト集団です。

開催日程 講習内容

日程

講習内容

2月 4日(火)

  午後2時~午後5時

『今が一番、生保を販売しやすい時』『損保顧客への更改時の生保アプローチ』

2月17日(月)

午前10時~午後5時

『アプローチ改善話法』『証券診断のポイント、実践』

2月27日(木)

午前10時~午後5時

『設計書作成時のポイント』『クロージング話法』

 

開催場所 】   ウインクあいち 

     住所 : 〒450‐0002  愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

TEL : 052-571-6131

 

講習費 】   30,000円 (定員:30名 集まり次第終了致します。)

講習費は当日、集金させて頂きます。ただし、途中退欠席など返金は致しません。

再受講を希望される方は 15,000円

 

講師 】  竹内 康雄    ㈱スリーエーライフジャパン 代表取締役   

日本LCQS協会  会長  

日本LCQS協会  協賛

持ち物 】   筆記用具 電卓 名刺

連絡先 】   日本LCQS協会 岐阜支部  副会長  加藤 智章

岐阜県多治見市笠原町2087-6 (有限会社 永大)

TEL:0572-45-0123  携帯:090‐3307‐7923

e-mail:eidai@poppy.ocn.ne.jp

は必須入力です。

会社名
お名前
申し込みセミナー
メールアドレス
電話番号 - -

日本LCQS協会会員メルマガ(2013年10月16日)

こんにちは、日本LCQS協会本部事務局です。

 

このメールは日本LCQS協会に会員登録された方にお届けしております。

 

現在、全国各地で「日本LCQS協会認定証券診断士・資格取得講習会」が開催されています。

9月~12月まで名古屋において講習会が予定されており、早く名刺を手にして証券診断をしたいと沸き立っております。

大阪においても9月にオープンセミナーを開催し、損害保険代理店主・各80名が参加し、今まで損保顧客に対して生保販売が出来ずに悩んでいた方々が早く証券診断を行い、生保販売に役立てたいと盛り上がっており、
損害保険会社の社員も大阪支店、北大阪支店、南大阪支店、奈良支店から30名が参加し、11月に大阪において取得講習会を開催いたします。

その噂を聞きつけ、滋賀支店と神戸支店では独自にオープンセミナーの開催を希望しております。

また、沖縄と北海道でも資格取得講習会を開催することとなり、全国にLCQS協会の輪が広がりつつあります。

 

講習会に参加し、LCQS協会の会員となった方々が名刺を使ったアプローチをして、契約に繋がっている例が多くあがっております。

LCQS協会の名刺を使ってアプローチをされた方の成功事例を掲載します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私のお客様で20数年にわたり損害保険(自動車・火災・傷害等)を全てご契約してくれた法人のお客様は、

今まで生命保険の話はしても全く話にならず、こちらから生命保険のことを話すことを躊躇うほどのお客様でした。

しかし名刺等が出来ましたので、一度このお客様に使ってみようと思い、会員証、証券診断士のロゴ、名刺の裏面の言葉等、全てを使った話したところ、

お客様が大変興味をもってくれ、証券診断士の資格をもった方になら是非見て頂きたいと証券が回収でき、証券診断をして、一時払い系で800万円の保険料、その他の契約を頂けることが出来ました。

名刺、会員証の効果は絶大ですね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2年以上前から面識の有る同年代の女性です。

『ウチは保険料沢山払っているけど、将来お金が戻ってくるガン保険が大きいので、頑張って払っている。』と話しており、何度かアプローチしましたが、既加入の代理店に義理が有るようで、なかなか詳細を聞くことが出来ませんでした。

8月初旬にお会いした際に、今一度、LCQSの名刺を見せながら、「生命保険証券診断士」の意義を説明し、証券診断を薦めました。

するとお盆前にご自宅を訪問し、全ての保険証券を拝見することが出来ました!

奥様が仰っていたガン保険は、保険料払済後に解約返戻金が生まれるものの、解約しなければお金は戻ってこないもので、保険証券と設計書をもとに奥様に説明すると、

「えっ、そうなの? お金は戻ってきて、その後の保障は続くものだと思っていた!」と驚かれていました。

その場で、既加入の代理店担当者に電話をされ、事実を確認され、奥様は落胆された一方で、『井上さんのお陰で、早く分かって良かった!』と仰っていただきました。

貯蓄性の高い他の保険は残すこととし、見直し対象となる保険(ガン保険、医療保険、貯蓄性の低い終身保険)は、月額保険料が約5万円です。

見直し案をお持ちし、打合せをする予定です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このようにLCQS協会の名刺でアプローチをして、契約に繋がっている事例が多く報告されています。

是非、アプローチにご活用ください!

 

取得講習会は2回目でも参加希望の方がいらっしゃいましたら半額の1万5千円で参加できます。

1度参加しただけでは証券診断の技術を掴みきれないという方は参加を募集しております。

講習会の日程はLCQS協会のホームページの新着情報にその都度、掲載しておりますので、ご確認ください。

【LCQS協会ホームページ】 http://www.lcqs.org/

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは日本LCQS協会会員の方のみに送信させていただいております。

今後この情報配信が不要な場合は、件名に「配信停止希望」とご記入いただき、

このままご返信ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

*******************

日本LCQS協会本部事務局
〒120-0012
東京都足立区青井3-5-26-714
TEL:03-5888-7633 FAX:03-5888-7634
URL:http://www.lcqs.org/

*******************

日本LCQS協会会員メルマガ(2013年9月13日)

こんにちは、日本LCQS協会本部事務局です。

 

このメールは日本LCQS協会に会員登録された方にお届けしております。

現在、全国各地で「日本LCQS協会認定証券診断士資格取得講習会」が開催されています。

5月から岐阜、群馬、名古屋などでと講習会が開かれ、9月、10月は引き続き名古屋において、

9月・10月・11月には沖縄において講習会が開催予定です。

 

講習会に参加し、LCQS協会の理念に賛同された方から続々と入会申し込みが来ており、

現在100名ほどが新たに会員となり、LCQS協会の名刺を使ってアプローチをして、保険契約に繋げております。

LCQS協会の名刺を使ってアプローチをされた方の成功事例を掲載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

傷害保険に加入したいというお客様をご紹介いただいてお伺いしました。

そのお客様はお寺の住職の奥様で、娘さんとそのご主人(お寺の跡取りで副住職)と同居しています。

最初に会社の名刺と一緒にLCQS協会の名刺を出し、裏面を読み上げました。

証券診断士の話、診断をするには証券を見せていただく事が必要との話をしたところ、

奥様はちょっと待ってと言って、ご加入の証券を全て持ってきていただきました。

結局、住職と奥様、娘さんと副住職の保険について、宗教法人を利用した提案をさせて頂くこととなり、

再訪問をさせていただくことになりました。

こんなにうまくいっていいのか?と思うくらい、スムーズに証券回収ができました。

もちろん、この奥様とは初対面です。

LCQS名刺のパワー恐るべしです。

皆さんもご活用を!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

損害保険で20年以上もお付き合いしていた法人のお客様で、生命保険の話をしても全く興味を示さない方でした。

そんなお客様にLCQS協会の名刺を差し出し、証券診断士という言葉と名刺の裏面に書いてある文章をお客様が読んだところ、

すぐに興味を示してくれ、なんと証券が51枚も出てきました。

この名刺と証券診断士の威力には驚くばかりです。無論、そのあと証券診断をして契約に至ったことは言うまでもありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このようにLCQS協会の名刺でアプローチをして、契約に繋がっている事例が多く報告されています。

是非、アプローチにご活用ください!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは日本LCQS協会会員の方のみに送信させていただいております。
今後この情報配信が不要な場合は、件名に「配信停止希望」とご記入いただき、
このままご返信ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

*******************

日本LCQS協会本部事務局
〒120-0012
東京都足立区青井3-5-26-714
TEL:03-5888-7633 FAX:03-5888-7634
URL:http://www.lcqs.org/

*******************

 

日本LCQS協会会員メルマガ(2015年3月4日)

こんにちは、日本LCQS生命保険証券診断士協会本部事務局です。

 

このメールは日本LCQS協会に会員登録された方にお届けしております。

 

 

昨年10月24日に新たに商標登録が3つ認可されました。

①証券診断士

②生命保険証券診断士

③生命保険診断士

 

以上の3つです。

この3つに®マークをつけることが可能となります。

 

会員限定ページの【名刺を使う上での注意点】の商標登録の使い方と、【名刺の裏面】が変更になっていますので、ご確認ください。

 

 

会員限定ページの【証券診断チラシ】の裏面も「LCQS証券診断士®」から、「証券診断士®」に変更してあります。

また、【証券診断チラシ】の表面の絵も多少変更されています。

ご確認ください。

 

ご不明な点がございましたら、メールにてお問合せください。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは日本LCQS協会会員の方のみに送信させていただいております。

今後この情報配信が不要な場合は、件名に「配信停止希望」とご記入いただき、

このままご返信ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

**********************

日本LCQS生命保険証券診断士協会本部事務局

〒120-0012

東京都足立区青井3-5-26-714

TEL:03-5888-7633 FAX:03-5888-7634

URL:http://www.lcqs.org/

**********************

日本LCQS協会会員メルマガ(2014年10月3日)

こんにちは、日本LCQS協会本部事務局です。

 

このメールは日本LCQS協会に会員登録された方にお届けしております。

 

 

会員限定ページの証券診断チラシがダウンロードできるようになっておりますが、Tポイント加盟店用と、一般用の2種類を作りました。

なお、協会認定の証券診断チラシは会員以外の使用を不可といたします。

 

【Tポイント加盟店の方】

・Tポイント加盟店の方はTポイント用のチラシをお使いください。

・「証券診断いたします。」の下の空白に加盟店名(代理店名)、会員名、会員番号を必ず印刷してからお使いください。

 

【一般の方】

・Tポイント加盟店ではない方はTポイント用のチラシは使わないようにお願いいたします。

・「証券診断いたします。」の下の空白に会員名、会員番号を必ず印刷してからお使いください。

 

 

 

 

Tポイント加盟店になりたい方、詳しいご説明を希望の方は協会本部事務局にご一報ください。

次のメルマガにもTポイントの詳しい説明を配信予定です。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは日本LCQS協会会員の方のみに送信させていただいております。

今後この情報配信が不要な場合は、件名に「配信停止希望」とご記入いただき、

このままご返信ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

*******************

日本LCQS協会本部事務局

120-0012

東京都足立区青井3-5-26-714

TEL03-5888-7633 FAX03-5888-7634

URLhttp://www.lcqs.org/

*******************